読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車生活模索中

Cannondale QUICK 4(2017)っていうクロスバイク買ったのでいろいろ妄想が捗ります。

3本ローラーはじめました

乗れる、乗れるぞ・・・!

ペダリングが得意なフレンズを目指すべく3本ローラーを購入しました。

購入動機はイロイロあるんですが、なかなか外に走りに行けないことから。
特に平日夜間はなかなか時間がとれないし、そもそも暗闇を走っても楽しいとは思えなくなってきていました。
自転車買った当初は夜でもなんでも走ってれば楽しかったんですが。
くらいのこわい。

室内なので、着替えて、ヘルメットかぶって、グローブ付けて・・・っていう準備と走行後の後始末が必要ないので気軽ですし。
パンイチだってOKさ!

Twitterではクロスバイクで3本ローラーはストイックだねって言われましたがいいんです健康器具なのです。ジムでバイクに乗る感覚です。


ローラーで不便なのはStravaでログ取れないことかな。マニュアルで追加していくつもりだけど、ローラーで何キロ走ったとか時速何キロだったとか意味ないしなぁ。




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

Amazonからでっかいの届いた

でんっ


f:id:tenu:20170407161640j:image

 

ででんっ


f:id:tenu:20170407161709j:image

 

でででんっ!

 


f:id:tenu:20170407161740j:image

 

 

 

 でーーん!  

 


f:id:tenu:20170407161819j:image

 

三本がぱーってCM好きです。

 

感想なんかはまた後日。

グリップ沼のほとりで

過日の花見(下見)ライドのときから感じ始めているのですが、このグリップって良いの?悪いの?どっちなの?という思い。

Quickのグリップは"Cannondale Ergo Fitness"という所謂Ergonomic designなグリップなのですよ。ただの円筒形じゃなくて手の平に当たる部分が広いやつ。あれです。アフターマーケットではERGONのグリップが幅をきかせてますね。

このグリップ、手の平部分の面積が広くて、加重を分散してくれてるとは思うんですが、肝心の指がかかる部分が細い気がするんですよね。手がでかいんですわたくし。

ドロップハンドルと違って、ハンドルバーの持ちが方限定されてしまうフラットバーではグリップの形状って重要なんですよね。持ち方に変化をつけたければバーエンドバーを付けるなんて方法もありますが。バーエンドバーは個人的見解としてフラットバーの美観を損ねるのでどんなにつらくても装着することはないですが。*1

美観の話をすると、ニンゲン工学的なヤツより円筒形のオーソドックスなグリップが好み。バーテープを巻いちゃうという手もありますが、あんまり太くできないので選択肢から除外かな。

と、まあこんな感じでグリップ沼のほとりで脚を突っ込むわけでもなく眺めているわけです。グリップ沼はサドル沼と比べて浅いようなイメージですがクロス、ロード問わずにはまるサドル沼と違ってクロスバイクMTBユーザーしかはまらない沼なのでそう見えるだけかもしれません。自転車の沼地は所々に小さくて深い沼があって恐い世界ですね。




にほんブログ村 自転車ブログへ


*1:ERGONのGS2とかGP2みたいなグリップ一体型で短いものは許容範囲。

日記というか雑記というか落書きというか

前回記事で"タイトルで煽るとアクセスがのびる"ということを実感しました。積極的ではないですがブログランキングに参加しているので順位が上がると心も躍りますね。花見ライドの下見に行っておきながら、本番花見ライドができないんじゃないかという家庭の事情があるのですが金曜日に休暇を取って無理矢理走りに行ってしまおうかと思いをめぐらせていますがどうしようかなうーん・・・思いをめぐらすといえば、日中はすっかり暖かいので春夏ウェア&すね毛問題を解決すべき時期になってきました。しかし結構なオオモノをポチった直後なので、しれっとウェアの入った箱がイギリスあたりから送られてくると何を言われるか・・・とりあえずはポチったオオモノをアレしてアレして・・・

クロスバイクに25cタイヤはダメなのではないか問題

ロードレースの世界では従来の23cではなく、25cが主流になったとかなんとか。

ロードバイクのホール界隈ではカンパのホイールがワイドリムになって23cタイヤが使えない!とかが話題だとかそうでもないとか。

最近の新車装着タイヤはほぼほぼ25cですね。


とゆわけで、オンロード系のスポーツバイクは25cタイヤがイマドキの常識!
ほぼサイクリングロードしか走らないクロスバイクだって25cにするのがいいのだ!


いやー、ちょっとまてよ?

↑で書いたけど、リム幅が15mmから17mmにワイド化されると23cタイヤが履けなくなる、ということは・・・

30cとか32cとか35cとか履いてるクロスバイクのリムって25cみたいな細いタイヤ履いていいのん?


てゆか、Quick4のリム幅っていくつなのん?


助けてCannondaleの公式サイトさん!

リム
Cannondale C4, double wall, 32-hole

わかっちゃいたけどリム幅なんて書いてねぇ。
ちなみに、Quick 4もQuick 6も同じリム。
そして履いているタイヤはQuick 4が30cでQuick 6は35c
Quick 6はアルミフォークだからタイヤ太くして乗り心地を良くしようという魂胆ですNE。

同じリムで30cと35cが履けるということは、リム幅が17mmから19mmである可能性が高いので、この時点で23cタイヤは履けない。
17mmであった場合は25cタイヤを履くことができるけど、19mmだった場合は28cまで。
逆に太くしたい場合は19mmなら44cとかも履けちゃうよ!そんなタイヤがあるのか知らんけど。

太いタイヤを装着する可能性はゼロなので17mmだったらいいなぁ。


では、実測!!!



f:id:tenu:20170403110036j:plain:w360

f:id:tenu:20170403110059j:plain:w360



1 6 m m !!!


じゅ、じゅうろく・・・まさかの16c

まさか最近のロード用ホイールより狭いとは。*1

えーと、16mmの1.4倍~1.4倍なので、タイヤは23cから38cが使えますね。
25cタイヤももちろんおーけー。*2

他の車種については知りません。

リム幅計ったついでに前後タイヤのローテーションしました。

タイヤはまだ買いません。

*1:23cが使えるぎりぎり太いホイールということで、勝手に推測すると何も考えずに23cに替えるユーザーがいても大丈夫なようにしてるのかなと。15mmまで細くしちゃうとにしちゃうと35cタイヤが使えないですし。

*2:逆に35cみたいな太いタイヤだと、サイドウォールの変形が大きくてコーナリング時の感触とか良くないんじゃないかと思えてきた

開花状況

見頃です、本日の見沼通船堀


f:id:tenu:20170402162430j:image

 
f:id:tenu:20170402162440j:image

ローディもクロスバイカーもたくさんいました。

 

僕は二人乗り電動チャリでした…

 

 

tenu.hatenablog.jp

 

 

tenu.hatenablog.jp

 

Stravaのプライバシーゾーン

Stravaにはプライバシーゾーンといって、設定したある地点から半径500m~1kmの範囲にスタートかゴール地点があっても非表示になります。
つまりは家バレ防止機能。


しかし、東西南北へ頻繁に出る人の場合あんまり役に立たないんじゃないかと思う今日この頃。

例えば、自宅から半径1kmを非表示として、スタート&ゴールは毎回自宅だとすると、表示上は半径1kmの円周上にスタート&ゴール地点が残るわけですよ。
円周上の2点と半径がわかれば・・・(以下略)


幸い、Stravaのプライバシーゾーンは複数設定できるので、自宅を中心にした範囲に加えて、自宅が円の中に入るように複数設定してあげればある程度セキュリティは向上するんじゃないかなと思いましたまる